ムダ毛の処理、自宅で行っていませんか?セルフケアによる脱毛処理は、実は肌トラブルの原因となっていることが少なくありません。
肌トラブルになりやすい脱毛処理方法に注意しましょう。

こんな脱毛処理はNGです!

ムダ毛を処理するとき、どのようにしていますか?市販のカミソリで剃るという人が多いのではないでしょうか。カミソリでの脱毛は手軽に行える上、費用もあまりかからないので人気がある処理方法です。しかし、実は肌への負担が大きい処理方法でもあります。カミソリによって毛を剃るとき、よく剃れるようにと毛の生えている向きと逆向きに剃る、「深剃り」をした経験がありませんか?一見、深く毛を剃ることができて見た目もきれいなのですが、「深剃り」は毛穴周辺の角質まで削ってしまい、毛穴を傷つける原因になります。傷からばい菌が入ると腫れたり、赤くなったりすることがあり、さまざまな肌トラブルを引き起こしてしまいます。
また、シェービングクリームやボディソープなどをつけず、素肌で毛を剃ってしまっている人も注意が必要です。カミソリの刃が肌の角質をそぎ落とし、肌表面が傷だらけになっています。ムダ毛がなくなっても、毛穴が開いたりばい菌が入ってしまうと、美肌とは程遠い結果になってしまいます。

朝のムダ毛処理は絶対にやめて!

朝、シャワーを浴びながらムダ毛処理をしているという人もいるかもしれません。また、急なデートやおでかけの予定が入ったときは、急いで脱毛する必要がありますね。ところが、これも絶対にやめてほしいムダ毛処理方法です。朝、ムダ毛を処理すると、肌や毛穴が傷ついた状態で1日過ごすことになります。紫外線や温度差、空調による乾燥といった外部からの刺激を受けやすい日中、傷ついた肌で過ごすとダメージはより大きくなるのです。ムダ毛の処理はできるだけ前日の夜までに済ませ、保湿とクールダウンをしっかり行って肌へのダメージをケアしておくことが大切です。

おわりに

肌トラブルになりやすい処理について紹介しました。
肌はとても傷つきやすいので慎重にムダ毛処理をして、ダメージケアをしっかりしてあげましょう。